銘木図鑑 

組木屋で実際に加工したことのある材を、順次紹介していきます。(銘木以外もあります)

​個別のページには、樹種を組木屋独自に評価したレーダーチャートがあります。

銘木図鑑 記事一覧

2018/06/24

2018/01/06

2017/10/05

Please reload

銘木図鑑の第21回。日本を代表する銘木のひとつ、クロガキ(黒柿)を紹介します。

「すべてが唯一無二の模様。国産材最上級の銘木」

【別名】ジャパニーズパーシモン、柿黒檀、(白柿、ホワイトエボニー)

【科目】カキノキ科 カキノキ属 広葉樹

【組木屋作品】メビウスの指輪、ハーツ(4U)、開くアゲハ蝶、猫キーホルダー、など

【評価】まず、クロガキ(黒柿)という樹種があるわけではなく、カキノキ(柿...

以前に「木目(もくめ)と木理(もくり)と(もく)」という記事を書きましたが、ここでは組木屋で入手した木材のなかで、カッコいい杢(もく)が出ているものを紹介したいと思います。

にはいろいろな種類がありますが、その形成要因について組木屋独自で下記のように分類してみました。

① 木目(年輪)によるもの

② 木理(細胞の繊維方向)によるもの

 ②-ⅰ 波状木理によるもの

 ②-ⅱ 交錯木理に...

銘木図鑑の第19回。元々高価な杢材にさらに加工を施した、「スタビライズドウッド」(および「ハイブリッドウッド」)を紹介します。

「木の質感を生かしたまま、天然には無い綺麗な色を付けた、安定化木材」

【別名】Stabilized wood・Stabilize wood・Stabilizing wood など、英語表記にはいろいろあるようで、統一されていないよう。日本ではだいたいカタカ...

銘木図鑑の第18回。最上級に重硬で高価な木材、「スネークウッド」を紹介します。

「見た目に騙されてはいけない。その材質こそ最上級のエリート木材」

【別名】レパードウッド・レターウッド

【科目】クワ科 ピラチネラ属 広葉樹

【組木屋作品】メビウスの指輪、ハーツ(4U)、お箸、など

【評価】見た目が非常に個性的だが、その材質こそが王道を行く超優良材。お値段も最上級。

普通に木材として流通してい...

銘木図鑑の第17回。世界一重い木材として有名な、「リグナムバイタ」を紹介します。

「世界一重い!個性的な緑色の木」

【別名】「生命の木」・緑檀(リョクタン)・アイアンウッド・癒瘡木(ユソウボク)

【科目】ハマビシ科 ユソウボク属 広葉樹

【組木屋作品】メビウスの指輪、ハーツ(4U)、猫のキーホルダー、など

【評価】材として流通している木の中では、「世界一重い」と言われていて、あっさりと水...

銘木図鑑の第16回。今回は、香りのする木「ビャクダン(白檀)」の紹介。

「香木として取引される超高級品。あえて木材として評価してみました」

【別名】サンダルウッド(「産地+サンダルウッド」という呼び方もされる。インディアンサンダルウッド・オーストラリアンサンダルウッド・アフリカンサンダルウッド、など)

【科目】ビャクダン科 ビャクダン属(アフリカンサンダルウッドはオシリス属) 広葉樹

...

銘木図鑑の第15回。今回は、これまた希少で、三味線の棹として最高級材とされる「紅木(コウキ)」の紹介。

「高貴な深紅の高級銘木。カリン系の女王」

【別名】レッドサンダー、レッドサンダルウッド、コウキシタン(紅木紫檀)、コウボク

【科目】マメ科 (ツルサイカチ連)インドカリン属 広葉樹

【組木屋作品】メビウスの指輪、など

【評価】紅木(コウキ。コウボクと読まれることもある)は、三味線の棹の...

銘木図鑑の第14回。今回は黒檀と混同されがちな「アフリカンブラックウッド」の紹介。

「心材がほとんど真っ黒な、正統派ローズウッド。(黒檀の仲間ではありません)」

【別名】グラナディラ・アフリカ黒檀アフリカンブラックローズウッド(ブラックローズ)黒紫檀

【科目】マメ科 ツルサイカチ属 広葉樹

【組木屋作品】メビウスの指輪、ハーツ(4U)、蝶々ペンダントトップ、など

【評価】マメ科ツルサ...

銘木図鑑の第13回。今回は知る人ぞ知る高級材「デザートアイアンウッド」の紹介。

「永い年月によって生まれた、ほとんど化石みたいな超硬質・超高級木材」

【別名】砂漠鉄木

【科目】マメ科 オルネイア属 広葉樹

【組木屋作品】メビウスの指輪、など

【評価】アメリカのアリゾナ州からメキシコ北部にかけてのソノラ砂漠に埋もれていた、もしくは立ったまんま石化しかけたようなマメ科の木、ということらしい。

...

銘木図鑑の第12回。今回はローズウッドの仲間である「ココボロ」の紹介。

「木らしい見た目で、重くて、硬くて、磨くとよく光る、ローズウッドの仲間」

【別名】サザンアメリカンローズウッド

【科目】マメ科 ツルサイカチ属 広葉樹

【組木屋作品】メビウスの指輪、蝶々のペンダントトップ、ト音記号のペンダントトップ、など

【評価】中南米産のローズウッドの仲間で、なかなかに希少。2013年にワシントン...

銘木図鑑の第11回。今回は、「幻の銘木」とも称される「青黒檀」について。

「黒檀の中でも最高級。組木屋最高評価(暫定)の超希少銘木」

【別名】マクルア、「幻の銘木」

【科目】カキノキ科 カキノキ属 広葉樹

【組木屋作品】メビウスの指輪、My箸(←非売品)

【評価】唐木三大銘木、黒檀の仲間。(その中でも最高級とされますが、その情報は錯綜している感じで、なにが正解なのかよくわからない。組木屋...

銘木図鑑の第10回。今回は、フルーツがなる木、「ナツメ(棗)」という材を紹介します。

「ほとんど流通しない希少材ですが、ちっちゃい小物を作るには魅力的」

【同名異義語】普通ナツメといったら材種ではなく、その実のことを指すことが多いと思います。また、茶器として使われる小さな容器が、ナツメの実の形に似ていることから棗(なつめ)と呼ばれます。

【科目】クロウメモドキ科 ナツメ属 広葉樹

【組...

銘木図鑑の第9回。綺麗・可愛い系でピンクアイボリーと双璧をなす「チューリップウッド」という材を紹介します。

「王道”ヒロインのライバル” お蝶婦人みたいな感じ?」

【別名】ブラジリアンチューリップウッド・ピンクウッド・「木の宝石」(※ イエローポプラもチューリップウッドと呼ばれることがあるが、全然別の木。)

【科目】マメ科 ツルサイカチ属 広葉樹

【組木屋作品】メビウスの指輪、猫のキー...

銘木図鑑の第8回。今回は特定の樹種ではなく、「黒檀(コクタン)」「エボニー」と呼ばれる仲間たちについての説明を試みます。

「黒檀とは三大唐木の一つ。その呼び名は、実は曖昧で複雑。」

むかーしむかし、私がまだ学生だった頃、とある雑貨屋さんで「黒檀」という真っ黒な材が売られていたのに出会いました。その木とは思えないような質感に一目惚れし、何に使うか全くあてもないのに購入してしまったのが...

銘木図鑑の第7回。かなりレアと思われる、ブラック&ホワイトエボニーという材を紹介します。

「とても個性的な見た目だが、実は黒檀の仲間」

【別名】斑入黒檀(ふいりこくたん)・ペールムーンエボニー

【科目】カキノキ科 カキノキ属 広葉樹

【組木屋作品】メビウスの指輪、猫の箸置き

【評価】個性的な見た目をしているが、実はコクタン(黒檀)の仲間で、さらにいうとクロガキ(黒柿)とも親戚。

あまり市場...

Please reload

© kumikiya 2017 - 2020