組木屋作品紹介 組木パズル(コーディネート・モーションにこだわってみた)

このページは、制作メモ的なページです。
パズルの答えや仕組みが分かる画像もあります。あらかじめご了承ください。

このページのURL<https://www.kumikiya.com/nkk-memo>

多角形組木シリーズ​

デザイナー:Nobu クラフター:上田

​【今までに制作した材種】ほとんどMDFでの試作。特に気に入った作品は、いつか銘木とかで作りたい。

 
​・多角形組木 とは
 

 

【目次】

多角形組木」というのは、一般的な名称ではなく、組木屋オリジナルデザインのとある作品群に付けた名前です。元々は「ペンローズの三角形組木」という作品を作ったのですが、そこから派生して、四角・五角・六角と拡張したり、コーディネート・モーション(後述)を目指して改変したりして生まれてきた「組木パズル」たちです。

<現状、以下のモノたちを制作しています。(青文字は未作成)

●三角形組木

 ・ペンローズの三角形組木 ←別途、紹介ページがあります。

 ・トリコローズ

 ・V-2シリーズの組み積み木

●四角形組木

 ・基本タイプ ←パズルの面白さNo.1(たぶんキャストカルテットと同じなので…)

 ↓これ以下はコーディネートモーションにこだわって改変したものです。​

 ・FF

 ・トト

 ・kk

​ ・シンプル ←4ピースでは構造のシンプルさNo.1

 ・4ピース同形 ←2019年05月追記

 ・ZS(親切設計)

 ・ZS(いじわる設計)

 ・〼(親切設計)

 ・〼(いじわる設計) ←組んだ形状のシンプルさNo.1

 ・+(親切設計)

 ・+(いじわる設計) ←パズルのいじわるさNo.1

 ・ー(親切設計)

 ・ー(いじわる設計)

●五角形組木

 ・基本タイプ

 ↓これ以下はコーディネートモーションにこだわって改変したものです。​

 ・★(親切設計)

 ・★(いじわる設計)​​​

●六角形組木

 ・基本タイプ ←これもパズルとしてめっちゃ面白い

 ↓これ以下はコーディネートモーションにこだわって改変したものです。​

 ・*(親切設計) ←動きはこれが一番面白いかも

​ ・(いじわる設計)​​​

七角形組木

 ・基本タイプ

 ・

八角形組木

 ・基本タイプ ←四つ巴の鎖が組めるかも

 ・

 ・

 
​・コーディネート・モーションとは
 

「コーディネート・モーション」という言葉は、パズル愛好家の間での専門用語で、以前は、エクスプロージョン(爆発)とも呼ばれていたそうです。(葉樹林のOsho様から教えていただきました。)

私なりの解釈で定義をすると、

「全てのピースが連携して別の動きをする」パズルの仕組み、もしくはその動きのこと

という感じで考えています。​

日本語で一言で言うとしたら、「全連動」もしくは単に「連動」ぐらいがよいのではないでしょうか。

​「共動」と訳されることもあるとか。

英語では「coordinate motion(googleで訳すと座標運動となる)」の他に、「coordinated motion(協調運動)」「simultaneous motion(同時運動)」「symmetric motion(対称運動)」といった表現も使われているよう。

 
​・基本タイプの多角形組木たち
 
IMGP5089_R
IMGP5090_R
IMGP5091_R
IMGP5116_R
IMGP5093_R

 

「ペンローズの三角形組木」から、四角形、五角形、六角形、…n角形、と拡張した作品。

全体構造:2層構造。

     nが奇数の場合と偶数の場合とで、少し構造が異なる。

全体形状:n回対称(ロール回転)。

     裏返し対称(ヨー回転)。裏返しの回転対称軸はn本ある。

     鏡映対称ではない。

     n角形をn分割。裏返したものと接着。

     中央にn角形の穴。←穴は無しにもできる。

     複数バリエーション有り。動きや強度の関係で随時改変。

ピース構成:n個のピース。すべて同形。

ピース形状:裏返し対称(ヨー回転)。

動き:三角形組木はコーディネート・モーションとなるが、

   4≦nの場合は、完全なコーディネート・モーションではない。

   nピースバラバラの動きも可能だが、普通に操作すると摩擦により2個づつセットで動きやすい。

解法:放射状に分解。(奇数角形は、辺と直角方向。偶数角形は、対角線方向。)

   回す(ロールする)と遠心力で気持ちよく外れる。

その他:七角形以上にも拡張可能だが、精度を出すのが大変そうなので、制作は保留。

四角形組木「基本タイプ」

四角形組木「基本タイプ」

動画を見る

 

四角形組木の試作品で遊んでいて、2個セットのリングを、鎖状に組めることに気が付きました。(下写真左)

パズルとして「めっちゃ面白い!」と思ったのですが…

たぶん、「キャストカルテット(デザイン:MINE. Uyematsu氏)」という既存の作品と同じ構造と思われます。

​カルテットの現物を入手して確かめてはいないのですが、写真で見る限りたぶんほぼ同じだろうな…と。

IMGP5100_R.JPG

さらに、六角形組木で遊んでいたら、2個セットのリングを、三つ巴の鎖状に組めることが判明。(上写真右)

私の作った試作品では、結構余裕をもって動かすことができたけど、ピースのプロポーションを変えて、動きがギリギリまで制限されるようにしたら、鬼のように難しいパズルになってしまいそうです。

でもこれも「めっちゃ面白い!」と思います。

まだ制作はしていませんが、八角形組木ならば四つ巴の鎖が組めるかもしれない、と予想しています。

 
​・四角形組木「FF」「トト」「kk」「シンプル」
 
IMGP5104_R
IMGP5105_R
IMGP5117_R

 

四角形組木の基本タイプを、コーディネート・モーションに改変(その1)。

全体構造:2層構造。

全体形状:2回対称(ロール回転、180°回転対称)。

     裏返し対称(ヨー回転)。

​     鏡映対称ではない。(「FF」は鏡映で作ると「上上」になります。)

ピース構成:4ピース。2個づつ同形。

ピース形状:裏返し対称(ヨー回転)。

動き:必然的にコーディネート・モーションとなる。

  (動きの途中からコーディネート・モーションでなくなるものもある。)

解法:放射状に分解。摩擦が小さければ、回す(ロールする)と遠心力で気持ちよく外れる。

その他:アクリル板(4色)で制作すると、組む時・外す時の色の変化が綺麗になりそう。

    「シンプル」は、厚みを調整すれば、「組み積み木」としても面白そう。

    「FF」も「組み積み木」として面白いけど、

    いろいろな組み方・積み方ができ過ぎて、収拾がつかなくなります。

元々最初は、2層でのコーディネート・モーションを考えようとしたのですが上手くいかず、一旦諦めて、4層の「ZS」「〼」、3層の「+」などを先に考案制作しました。

その後で、改めて2層にチャレンジして、「FF」→「トト」→「kk」→「シンプル」の順で考案しました。

かなり遠回りをしましたが、この「シンプル」が、4ピース・平面移動でコーディネート・モーションとなる、もっとも単純な形のひとつではないかと思われます。

辿り着いてみたら、「そりゃそうだ。なんで最初に思いつかなかったんだろう」と思うぐらい単純な構造でした。

 

さらに後で知りましたが、葉樹林日記(2011.4.29)の「4分割スライドパズル」とかなりニアミスしておりましたね。若干形は違いますが、原理としては同じだと思われます。