組木屋ブログ(個別ページ)

 
最近の記事一覧

 

​カテゴリー

 

タグ

 
アーカイブ
  • 組木屋 上田

組木屋ブランド・ロゴマークについて


組木屋ブランド・ロゴマーク

ブランドとは

まず初めは、まったく無名のしがない木工屋さんが「ブランド」なんて言葉を使うのはおこがましいと、自分でも思っていたのですが。

「ブランド」という言葉は、現在では「有名なデザイナーや企業が、自身の商品を他と区別するためにつけた名前やマーク」という感じで認識されているかと思いますが、元々は、牧場の所有者が自分のところの家畜を識別するためにつけた「焼印」のことをさす言葉だったそうな。そこから派生して「識別するためのしるし」みたいな意味で使われるようになり、現在一般的に「有名ブランド」みたいに使われるような意味合いが生まれてきたらしいです。

なので、組木屋で木工作品に焼入れしている印(ロゴマーク)のことを「ブランド」と呼んでも、元の意味を考えたらなにも間違っちゃいない、といえるだろうと。

まあ、いつかは現在一般的に使われる意味での「ブランド」に近づけるように、頑張っていきたいと思います。

ロゴマークとは

実は「ロゴマーク」というのは和製英語で、企業名や商品名の文字をデザインした「ロゴタイプ」と、象徴的にデザインされた図形である「シンボルマーク」とをひっくるめた意味で使われる言葉らしいです。

現在、組木屋ではオリジナルの「ロゴマーク」をいくつか考えて(現状6種類ほど)、「ブランド」として作品に焼入れたり描き込んだりしているので、それらを紹介します。

①KuMiKiYa

シンプルにだれにでも「くみきや」と読んでもらえるロゴマークとして考えました。なんとなく可愛いかもと思って母音だけ小文字にしてみました。「がらがらの木」でよく使用しています。

②Kumikiya(筆記体)

これもごくシンプルですが、筆記体にするとちょっとおしゃれな感じになるかな、と。

③組木→(横書き・縦書き)

漢字の「組」「木」と「矢印」とを、黄金分割っぽく配置しました。今のところ一番気に入っていて、ロゴマークを入れるスペースが十分にあって「和」な雰囲気のある作品では、これを使うことが多いです。

④ウイイア

「猫の組み積み木」のような90度回転対称な作品に合わせて、「Ku」「Mi」「Ki」「Ya」を90度ずつ回しながら組み合わせたデザインのロゴマークです。真ん中の「uiia」の部分から「ウイイア」と呼んでます。が、これを見ても「くみきや」と読んでくれる人はほぼいないだろうなと思い、今のところあまり使っていません。

⑤KMKY

「2dCube」という作品のために作ったロゴマークです。「KuMiKiYa」の子音だけを取り出して、ブロックの形で表現しているのですが、ちょっと抽象的にしすぎたかもしれません。

⑥くみき→(楷書体・草書体)

作品の小さなスペースでも描き込めるようにと思い「くみき→」の文字を重ねたりして限界までシンプルにデザインしました。このWEBサイトのファビコン(たぶんブラウザの左上に小さく表示されていると思います)にも使っています。

⑦ねこ「遊び、考え、形に」

最後に、組木屋のマスコットとして「猫の組み積み木(Ver.3.1)」の形の「ねこちゃん」。組木屋の標語(モットー?キャッチフレーズ?)として「遊び、考え、形に」という言葉とともに、このページの右上に配置されております。データ販売している図面のすみっこにもこの「ネコのロゴ」が配置されております。

私上田の本業は、木工屋であると自任しておりますが、ロゴマークみたいなものを考えるのも楽しくて、一時期(必要以上に多く)いろいろ作ってみました。あんまり増やしすぎても収拾がつかないので、とりあえずこれぐらいで打ち止めにしようと思います。

#組木屋

関連記事

すべて表示

組木屋とは

組木屋とは、 組木作品をデザイン・製作・販売する、個人事業の屋号です。 ほそぼそと営業していきます。(ショップは未だ準備中ですが) 組木屋の人々 上田:組木屋の屋主です。 デザイナー(設計者)、クラフター(製作者)、 WEB製作者、ベンダー(販売者)、など、いろいろやってい...

組木屋のこだわり

「こだわり」とは元々良い意味でつかわれる言葉ではなかったようですが、何かにこだわることが個性につながるという側面もあると思います。 組木屋で製作・販売する作品は、以下のことにこだわっていこうと考えています。 ① 木を生かすこと ② 手作りであること...